早速、知ってることでお役に立てる気がした。

先日ユニバーサル検定3級の受講をしました。

 

高齢の方や障害のある方が生きやすくなるために、周りの人たちが、ひいては社会が具体的にどう振る舞うのか、まさに、その流儀・マナーを教わったのですね。

 

今朝。

電車を降りると白杖で歩く女性が。

おそらく慣れた道中なのだろうとわかりましたが、習った通り声をかけてみました。

 

何かお手伝いは必要ですか?

 

すると、これまた明確に、

 

改札まで一緒に行ってもらえますか?

 

と返ってきました。

 

では、横から肘を支えますね、と一緒に改札へ。

 

お気をつけて!

 

ありがとうございました!

 

ほんの30秒くらいなのに、なんだかわたしでもお役立てることあるなぁ、、、と喜びが湧いてきました。

 

どんな声がけがお互いに負担がないか、スムーズにコミュニケーションできるか、

どうやって一緒に歩くサポートができるか、

習っておいてよかった。

 

知ること、で世界は広がりますね。

 

そう考えるとマナーって語学みたい。

知らなくても気合いでなんとかなることもあるけど、知るとスムーズ、より意思疎通できる。

 

はぁ、、、語学の壁はわたしにはまだまだ厚いですけどね。笑

 

今日もいい一日を。