子どもも 是非!!こんな取り組み、やってます

こんにちは。

かねてからライフワークとして取り組んでいる
環境問題に関するネット記事の連載を
FNNプライムオンラインではじめました。


お話をうかがったのは『ざんねんないきもの事典』の監修で知られる
動物学者の今泉忠明先生。


動物の行動の裏側には何があるのか
動物学のサイドから見る環境問題 について
インタビュー取材した記事です。


先生のお話は全て興味深く「へ~!」「なぜ??」「そうなんですかー!」の連続でした。

動物って喋らないだけに、わからないことが多くて、奥が深いのです(笑)。

そんな驚きや発見をできるだけ余すことなく掲載したい!と執筆していたら・・・・
なんだか長編の連載になりそうです。


初回は2021年1月3日に公開され、第二弾として
昨日、最新記事が公開されました。
第三弾も公開間近!



ちょっと真面目な話をすると、環境問題はどの世代にとっても切実な問題。
でも関心事と思ってくれている人たちがどれほどいるか・・・・正直わかりません。

先生とお話をしている中で「子供の世代にこそ知って、行動を起こしてほしい」
と意気投合しました。

ですので、子どもでも楽しめるように
できるだけ読みやすく書いたつもりです。

先生のそうした想いも乗せて、これからも続々と
執筆していきます。
ご一読いただけたら嬉しいです♪


第1弾
「食べ物を求めて"水平移動"するツキノワグマ 街に出没するの『ここはいい場所』と母クマから"刷り込まれた"からだった」
https://www.fnn.jp/articles/-/122348

第2弾
「『これからはカビ・ウイルス・細菌との闘いになる』動物学者の警告」
https://www.fnn.jp/articles/-/122761

第3弾
「2100年に絶滅が危惧されるホッキョクグマ『野生動物が危ないときは人間も危ない』動物学者の警鐘」
https://www.fnn.jp/articles/-/138329

f:id:saorfujimur:20210203190250j:plain