愛を伝えるのは、難しいな

『とくダネ!』が3月末で22年という長い歴史の幕を閉じます。

 

永遠はないとはいうものの、、、、

やはり寂しい。

 

小倉さんが明るくご挨拶されるのを観ながら、本当は誰よりも思うことは多いはずなのに、それをユーモアに変えるのがなんとも小倉さんんだな、、と胸の奥が熱いような痛いような思いでした。

 

22年間早起きして生放送に臨む、それも刻々と変わる日々のニュースを小倉さんのスパイスを加えて斬りながらお届けするのは、だれも到達できない地点だな、、、と思います。

 

教わったこと、おつかれさまの気持ち、他の出演者やスタッフの方々とたくさん交わした言葉や気持ちを言葉にしようと思ってはいるものの、

なかなか咄嗟に出ずに、、、汗。

 

昨日の『ワイドナショー」でも違う話をしてしまったなー。

 

小倉さんのトーク力を学べてないわ、、。

 

本当はお疲れ様でしたと言うべきところなのでしょうが、まだまだ大暴れしていただきたいです。