今年は余白を。

遅ればせながら明けましておめでとうございます。

今年の年初も穏やかではありません。ひりひりとした緊張感が続きますね。

いち早く生活に平穏が戻りますように、、、と切に思います。

 

今年もブログにゆるりとお付き合いください。

 

さて、年末FOD『あなまが』で安宅くんと藤本さんと語り合う収録がありました。

 

テーマは“東大生あるある“。

 

時々なんだこの生きづらさ?と感じることがあります。

常に目的に向かって段取りと逆算で生きている。

そして、

がんばらない自分を許せない。見張りと叱咤。

 

 

その特性のおかげなのか?よく言えばエネルギーも旺盛でいられる一方、もっと余白やゆとりを楽しむ人生もあってもいいのではと思うこともあるのですね。

 

 

ふとアナウンス室やメイク室で2人と話すと、わかりますぅー!と共感することも多々あり、これって思春期受験勉強に捧げたから身についた習性なのかも?と盛り上がり、収録するまでに致ったのでした。配信の折にはまたお知らせさせていただきますねー!

 

 

そんな母に育てられたわたしの娘、まだ8歳なのですが、あるときお友達と家で遊びたいと計画表を出してきました。

 

持ち物。スケジュール。

晴れの日の場合、雨の日の場合の過ごし方が綴られている。

笑えましたなー。

極め付け。

帰り時間の30分前に片付け、と明記されてました。

 

段取りと逆算、、、汗。

末恐ろしい気がしております。