凱旋門賞…

日本でも馬券が発売されること

そして、日本馬、日本のホースマンにとっての悲願として取り上げられることが多くなったゆえ

他の大レースとは違った位置づけになっているのが

ヨーロッパ秋シーズンのG1最高峰、凱旋門賞

まもなく行われます

 

これまで幾多の日本勢が挑んだが

2着が最高 その先に手が届かなかった

そして

今回は日本からはディアドラ1頭

さらにもう1頭、もはや日本勢と言ってもいいだろう おそらく初の参戦形式である

騎手=武豊

馬名=ジャパン(イギリス生まれ)

調教師=オブライエン(アイルランド)

共有馬主のひとり=松島正昭氏

 

ジャパンと名がついて既にヨーロッパでキャリアを重ねている馬の権利を

松島さんが一部買った

"凱旋門賞に出るなら騎手は武豊で"

ということも含めて…

そしてパリでは今日、この筋書き通りにストーリーは進むはずでした。

あとはひとつでも上の着順を目指すのみ!

 

しかし

レースに出ないことになりました

 

馬のエサ、飼料に禁止薬物に指定されている成分が含まれていることがわかり、実際に尿検査で陽性が出たとのこと

時間が経てば体外に出るが

レースを走り終えてからも検出されては

記録上 失格となる

不名誉なことを避けるために調教師がエントリーをやめた、ということのよう

 

何度も参戦している武豊さんは常々、いつか勝ちたいレースは凱旋門賞と公言していたし

武ジョッキーで凱旋門賞に勝てる馬を持ちたい!そう話していた松島オーナーにとっては初の出走という栄誉が…

 

前日に奪われた

 

想像すればするほど

今のお二人の気持ちは はかれなくなります

 

馬券の売れいき、人気としては下の方ではあったが

そもそも参加しないことには勝ち目がない

では出場機会が完全に奪われたのか?

いえ、武さんだけはそう言いきれない

 

去年の凱旋門賞

コンビを組む予定の馬が体調整わず回避

ところがその直後 

別の陣営から乗ってくれないか?との依頼があったのだ

 

今年も何が起こるかわからない

(他の騎手のアクシデントを願うわけではないが)

競馬場には

万全の体制で控える武ジョッキーの姿があるはず

 

…そこにいないと乗れないし、乗らないと勝てないからね…

そんなセリフも思い出す

スタート4時間前です