キンモクセイの香り。潤うなぁ。

先日も書きましたが、わたしは鈍感であり、よく言うとストレス耐性に強いともいえます。

ストレスチェックなどの診断も、すこぶるヘルシーですしね。

 

しかしその分身体に突然出るので、そのサインは見逃さないようにしています。

ここ3ヶ月間突破性難聴を繰り返し、耳鳴りが酷く、人の話し声は電子音に変換されるわ片耳はイヤホンをせねばならない仕事だわ、、、本当にめげそうになることもありましたが、ようやく回復してきてノイズも電子音もなくなり頭の中が晴れてきました。

 

ほっ。

 

そして、ランの最中キンモクセイの清楚で甘い香りにおもわず立ち止まるのですが、、花の姿は小さくて謙虚。この時期最高ですね。

 

最近、一度に大量のタスクを目の前にして、時々なぜだか受験生の気持ちを思い出します。

 

パソコンに向かうとき、あの「それでは始めてください」を思い出すんですよねぇ、、、。

子どもの宿題の丸つけやテスト直しに付き合っているからかもしれません。

 

 

何が言いたいかというと、なんだかんだ、ああいう緊張の場で実は段取り力が培われていたのかも、と50手前にして気づくこともあるのです。

 

まず全体を見回す、

①すぐに取り掛かってできること、②じっくり考えないとできないこと、③自分には歯が立たないかもしれないこと、など、見定めて時間配分して始めていく。

 

仕事もタスクだけ洗い出すと膨大で涙目になることも、3つに分けて①は淡々と、その間②のこともどこか頭の片隅において思いついたことをメモにしながら着手すると案外進む、③は本当に自分で抱えて大変ならヘルプを求める、

と自然と切り分けてるものだなぁと思ったのです。

 

そう思うと、受験生のときに詰め込んだことはほぼ脳内に定着してませんが、わたしにとっては無駄ではない経験だったな、と思い直しています。

 

秋。学びの秋。食欲の秋。読書、スポーツの秋。いい季節は短いです。

毎日、寝るときにいい振り返りをして過ごしたいですね!

 

今日もいい1日を。