選挙にまつわるフォロワーシップ。

選挙をめぐって俄然世の中がザワザワしているこの頃ですが、全くそれとは別の話です。

 

 

二学期。

学校でも新しい日常のもと、子どもたちの社会生活が始まっています。

学級委員選挙の話で盛り上がるオットとムスメ。

ムスメは引っ込み思案で、人前で話すことやリーダーシップなど、もってのほか、、、なのです。

 

オット・委員に立候補するつもりはあるの?

 

ムスメ・あるわけないじゃん。

 

オット・それはそれでいいよ。ただ、リーダーにならないのだとしたら、みんなが選んだリーダーがやりたいことをできるように、応援して協力するんだよ。

 

 

 

確かに。

クラスにはいいリーダーも必要であれば、いいフォロワーも必要です。

 

文句や愚痴を言うだけは簡単。でも、そのエネルギーをより良く使いたい。

 

 

学級委員タイプではないオットだからこそ伝えられることだなぁ、、、と、学級委員タイプだったわたしには、ありがたいなぁと気付かされること、多いのです。