この1ヶ月のマインドセット。

初めての経験です。緊急事態宣言。

新型コロナウィルスの第一報を伝えた日には、今起きている事態までは想像できなかったことも、多々。

 

つらいことも多いです。もちろん。

 

目に見えない。終わりも、わからない。

だからこそ、怖い、、、。

 

とはいえ、人類はウィルスとの闘いの歴史でもあり、そのたびに起きる社会変革もあるわけで、

大きな目でどっしり乗り切りたいと思います。

 

さて。今朝から、子らのオンライン授業が始まりました。

学校に行くのと何ら変わらない支度をして、8時半から朝の会で、みんなの顔が見えて先生の声が家のリビングに響いて、、、

涙が出てしまいました、わたし。

 

ルーティンがあるって、その時間に何か日常が始まるって、なんてありがたいこと。

 

親のデバイスを使ったり、もちろん完璧な形ではないけれど、春休みに先生方が一生懸命試行錯誤してくださったのが伝わります。

 

初めてのことに緊張しながらも笑顔の子どもたち。あっという間に慣れるデジタルネイティブたちです。

 

3月の突然の休校は、わたしにとっては、学校と分かち合っていた時間の使い方が全て家庭主体になり。仕事も続き、ものすごい緊張だったのか何だったのか、、、あまり記憶もないような毎日で、、、、。

 

これから先、当面連休明けまで、自分ひとりではどうしようもコントロールできない事態が続きます。

泣いても笑っても、同じ時間。

 

自分の命を、大切な人の命を守り、社会を守るための行動をしながら、

 

せめて、自分でコントロールできる範囲のことをハッピーに変えていくマインドセットをしようと思います。

 

今日は、オンラインが始まった!それが大きな大きな前進です。

 

毎日、小さなプチハッピー、探して積み重ねてみますね。