在宅勤務してみたところ。

昨日、今日と在宅勤務。

 

意識しないと、なかなか切れ目が作れないものですねぇ。

 

取材したばかりの件を記事化すべく、パソコンと向き合ってましたが、3秒おきくらいに呼ばれるわけです。

ママー、

ママー。

 

甘えたいのはわかります。が、

キリあらへんがな。

ほんまに必要なときだけにしてもらえへんやろか。

そう言いたいのを、飲み込む。

 

集中し始めると、わたしは外界とシャットダウンして、生返事、いや、ほとんどスルーをしていたら、

昼ごはんを食べているときに、息子から的確な指摘が、、、。

 

ママさー、家にいるってだけで、これなら会社にいても、同じだよね。

家にはいるけど、ココにはいない。

 

はぁー、、、、。

お休みではなく、休校と同じで、普段行っている業務を家でするか、会社でするかの違いであることを説明。

 

在宅が導入される前は、在宅のほうが家族とコミュニケーションが深まるだろうにと思ったこともありましたが、いえいえ、そうなるためには、目的を明確にした時間の使い方や、メリハリが求められそうです。

でも、まぁ、休校になって以来、子らは久しぶりにニコニコしていたので、家族の気配があるだけでも、安心感は違うのでしょうね。