マラソン・ロスからの、、、。

福原さんも、ブログで東京マラソン一般参加中止決定後のロス感を綴っておられました。

 

いやはや。

発表された当日、ええぇぇぇぇぇぇえと久しぶりに心の中で大きな悲鳴。

もちろん、一般参加中止の予感はありました。ランナー約38000人のみならず、ボランティアや応援してくださる方含めると、もっと集まる人数は多くなる。だから、残念ではあるけれど、いまの状況からするとやむを得ないなぁ、、、とも。

 

しかし、ニュースで東京マラソンのスタートシーンが流れるたび、舞い上がる紙吹雪の中の高揚した雰囲気に、歯ぎしりしたくなるほどの憧れもまた募るのでした。

あぁ、走ってみたいなぁ、、、東京マラソン。涙。

来年こそは。

 

そして、中止決定から数時間後には、すぐに脳内でポジティブ変換されてるから、我ながら能天気です。

さらに1年準備期間をもらったなんて!今年の目標は完走だったけど、来年はタイムの目標掲げちゃおう!

チャレンジすると決めたかこそ、時間のない日常をやりくりしてトレーニングする習慣を手に入れることができたのだし。

 

切り替えて、来年に向かって朝ランを続けております。

 

来年こそは〜〜〜〜〜!と、絶叫したい気分です。