昨日はバスケ女子日本代表の取材へ!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

昨日はバスケ女子日本代表の取材へ! 来月頭から始まるオリンピック最終予選(OQT)に向け、新しく招集された選手も含め、基本から丁寧に確認しつつ練習していました。 このOQT、日本はベルギー・カナダら強豪と同じ組で、特にカナダはアメリカの大学などでプレー経験のある有力選手が揃う国。 しかしそんな話をしている中の、渡嘉敷選手の「私がいますから!」と話す笑顔に頼もしさを感じました✨ すでに東京オリンピックの出場権をもつ日本にとって世界とどれだけ戦えるかを試す場でもあります。 ぜひオリンピックに向け勢い付くような試合を期待したいですね🙌 . また、今回の合宿で、出産を経て1年半ぶりに代表に復帰した大﨑佑圭選手。 お子さんの預け先や練習先など様々な困難を乗り越え「女性アスリートの道をつくっていきたい」と話すその表情が本当に充実感たっぷりでした。なかなか直線でキャリアを考えづらい女性にとって、その姿や想いは本当に励みになります。私自身も感じることがたくさんありました。 . 新しい力と、経験。 この二つがうまく融合した時きっとすごいチームが生まれるのだろうと感じた取材でした☺︎ . #渡嘉敷来夢 選手 #実は同い年 #1991年生まれ #陰ながらずっとファンです #変顔でという指示 #守れませんでしたごめんなさい #照れが勝った

宮司愛海(フジテレビアナウンサー)(@manami_miyaji)がシェアした投稿 -