先週の、千葉取材にて。窓に貼られた願いごと。

先週木曜日、停電四日目のお宅を取材させていただいた。

 

ちょうど同じ年頃のお子さんがいらして、お母さんの張り詰めた気持ちがひしひしと伝わってきた。子どもを守っていかなくてはいけない緊張。

短時間しかそこにいなかった私が言うのも、申し訳ないけれど、、、。

 

小さな子2人を見ながら、天井や床が抜けてしまった実家の片付けの手伝い。

そして自宅に帰ると、エアコンもお風呂も冷蔵庫も使えない。

あぁ、暗くなっていくのが辛い、また夜が来る、、、とても気丈に対応くださっていたが、寝ることもできずに心身ともに疲れていらっしゃるのはわかって、早く電気がつきますようにと、取材者一同、何度も声に出るほどだった。

 

そんな中、ふと窓を見ると、てるてる坊主が貼られている。もう十分に事情がわかる9歳のお姉ちゃんが、台風後に作ったのだそうだ。

 

 

農作物には雨は必要だけど、、、でも、もう、降りすぎはかなしい、早く晴れて学校に行きたいの。

 

 

f:id:kyoksasak:20190918200839j:image

 

精一杯の祈り。

 

久しぶりの学校で、お友達と何を話せたかな。

 

 

千葉全体に、早く平穏が戻りますように。