暑い時には。

暑いです。

突然。

 

身体がついていかない。

夏休み、子どもとどう過ごすか、楽しくも悩ましい季節ですね。

 

東京近郊は恵まれていて、屋内も屋外も楽しめるものが多い。

お金がかかるものも、かからないものも、選択の幅がある。ただ公園があるだけで楽しめるのも、子どもの素晴らしさです。

 

さて。

オープンしてすぐに、マンモス展に行きました。

二児、嬉々として興奮して2時間余り釘付け。

 

ホンモノのマンモスが地球上に存在していた、生きていたんだーと湧き上がる興奮。

とともに、すでに絶滅したマンモスから採取できるD N Aから、現代に再生させてよいのかどうか、技術的な問題と、生命倫理に対する問題と、そういう深い問いが子らにもわかる展示で、オトナもコドモも満喫。

涼めますし。笑

 

今日は、炎天下、緑しかないところにいますが、坂道を転がるというだけで、ゲラゲラ笑い。こんなことが楽しいなんて、忘れてたというのか、そもそも知らなかったというのか、、、その気になれば、世界は新鮮なんだな。