幸せのハードル

土日勤務を五年して、その間ほぼオットが単身赴任でワンオペだったせいか、

 

日々、いろいろなことはもちろん起きるのですが、幸せのハードルがすごく低いのです。自慢じゃないけど。笑

 

週末なにしよっか?と家族と会話することや、

金曜の夜、ちょっとダラけられることや、

土曜少しくらい寝坊してもいいかと思えることや、

ぽっと20分くらいクローゼットを整理する時間ができることや、

オットと子どもたちが一緒に楽しくカレー作ってくれることや、

ま、大事なことだけど明日でいっかと思える余裕があることや、

 

ほんとに、些細なのに、し、し、しあわせすぎる、、、と熱くなるのです。

 

ハードルが下がると、毎日感動。

 

クローゼット整理して、しみじみ、煮しめた色のようなTシャツや、サイズが小さくなってしまった子らの服をみて、普段はやるべきタスクなのに、今日は、それすらじんとしたりして、感受性全開です。