聞いてくれるひと。

日々、自分の機嫌に責任を持って生きようと思っております。

どこでも、自分が先輩になることが、必然的に増えますしね。

もちろん、家庭でもね。

 

しかし、これが。

先月くらい、ものすごく弱音を吐きたくなり、つい吐き過ぎ、笑

そんな自分の心の扉の無さ加減に落ち込んでいましたが、、、、時間の経過とともに感謝の気持ちが溢れています。

 

聞いてくれる人がいるって、ほんとにありがたい。孤独に陥らずに、なんとか踏ん張れる。

 

そして、聞いたり、聞いてもらったり、の循環があれば、大概の暗く沈む感情にも底があり、回復してくるのですよね。

周りの人たちに、感謝、、、ですね。

 

逆に、誰にも話せないって状況がどれほど苦しいかも想像つきます。

 

そう書いてるそばから、子らのパワフルな聞いて聞いて、、、に顔が険しくなるわたし。

そう、こういうところからなのだわ。