寒の戻りの日に。

暖かな日が続くかと思えば、今日はぐぐっと冷え込みました。

外の寒さとは裏腹に、「報道プライムサンデー」のスタッフルームでフィギュア世界選手権の熱戦を観て、スタッフ共々汗だくに。

日々の地道な蓄積が一気に作例するようなエネルギーに圧倒されます。
大きな目標があるからこそ、小さな一歩を積み重ねていけるすごさ。

凡人にとっては大志を抱くことが難しいのだものなぁ、、、。

明日も番組で熱戦の模様を伝えさせていただきますね!



そして話は飛びますが、寒の戻りのなか、小さな春が。
オットと子らが和菓子作り体験に出かけ、お土産をくれました。手作りの春ですね。


教えてくださった方は、ロンドン在住の時に311の大地震があり、周りのイギリス人が心を砕いてくれた、そのお返しに、日本のことをもっと深く知ってほしいと和菓子作りに目覚め、ロンドンでふるまったそうなのです。

いまは東京で子らに教えてくださる。


小さなお菓子の方にも、橋渡しの深い志があるのだなぁと、しみじみ美味しくいただきました。

 

 

 

f:id:kyoksasak:20190411161635j:plain