日焼けにご用心

『救命妄想24時』
―妄想にも救える命があると思う―

♯02 「日焼けにご用心」
主演:加藤綾子


 


榎並 「あー、ヒリヒリする…」

加藤 「もう、大ちゃん!焼けすぎ!」


榎並 「あ、綾ちゃん…」

加藤 「顔が真っ赤っか!日焼け止め塗らなかったんでしょー!」

榎並 「うん…」

加藤 「もお!今はいいかもしれないけど、
    そんなに紫外線浴びてたら将来シミだらけのたるみ放題だよ!」 


榎並 「う…」 

加藤 「皮膚ガンの原因とも言われているんだから、気をつけなきゃ!」

榎並 「それは…怖い…」

加藤 「でしょ!『褐色の弾丸』とか言ってる場合じゃないよ!」

榎並 「はい…。綾ちゃんは白肌キープしてるね…」

加藤 「こまめに日焼け止め塗ってるもん♪」


榎並 「日焼け止め、か…。」

加藤 「大ちゃんもしっかり塗りなよね。
    たっぷり目に、こまめに塗り直すのがポイントだよ!」

 
榎並 「いやー、でも日焼け止めってベタつくし面倒くさいなぁ…」

加藤 「まったく…ホント面倒くさがりなんだから…。
    どうしたものかしら…」 


加藤 「あ、そうだ!」

榎並 「ん?」

加藤 「じゃーん♪」

 
榎並 「へ?」

加藤 「ひ・が・さ!これなら差すだけだから、手軽でしょ?」 

榎並 「いやいやいや!やだよ恥ずかしい!男が日傘だなんて!」

加藤 「今どきは日傘男子、なんて言葉もあるんだよ?」

榎並 「イヤだイヤだ!恥ずかしい!」 

加藤 「うーん…」








加藤 「…じゃあさ、一緒に入ろ♪ 」


榎並 「…へ?」

加藤 「相合い傘♪一緒に入れば恥ずかしくないでしょ?」 


榎並 「一緒って…」

加藤 「日傘って小さめだから、くっつかないとね♪」 

榎並 「…」

加藤 「あれ?大ちゃんのほっぺ、お猿さんみたいに真っ赤っか!」


榎並 「相合い傘…、あいあい…、お猿さんでございます…。」



おしまい