松村、光る。


松村 「榎並ざんー!どうでずがー!?」

 



ワケあって、すぽると!終わりの松村に高速で貧乏ゆすりをしてもらっている。



貧乏ゆすり。 

一般的にあまりいいイメージは持たれていないだろう。

イラ立っていたり落ち着きが無いように見えるし、

実際問題、隣で絶えずヒザを揺らされたら迷惑だ。 


しかしながら、そんな貧乏ゆすりが今、キている。 


足の筋肉を小刻みに動かすことで血行が促進され、

女性にとって大敵の「冷え症」「足のむくみ」解消が期待出来たりと、

健康面で意外なメリットがあることが分かったのだ。 

人に迷惑をかけない範囲で、貧乏ゆすりは積極的に行うべきかもしれない。 


かくしてその存在が見直されつつある中、さらに衝撃の情報が舞い込んだ。 


「激しく貧乏ゆすりをすると、ヒザが光る」


貧乏ゆすりを1秒間に750,000,000,000,000回(750兆回)の速さですると、

ヒザから可視光の電磁波が発生し、理論上、ヒザが光りだすと言うのだ。 


この情報が本当かどうかは分からない。 

本当だとしても、普通の人間では到底不可能だろう。

現に、私は1秒間で7回が限界だった。

しかし私は考えた。

松村なら…彼女なら、テニスで鍛え抜いたその強靭な足腰で

必ずや期待に応えてくれると。

―そうして話は、冒頭に戻る。




榎並 「頑張れ!松村!!」

松村 「う"ぅ"ー!もうぢょっどなんでずが!!!」

榎並 「くっ…。やはり不可能なのか…」




諦めかけたその時だった。




『ブルブルブル…』




榎並 「…松村?」




『ブルブルブルゴッ!ゴゴッ!ゴゴゴゴッ!!シュイーーーーーーーン!』





榎並 「松村!!松村ぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」








夜勤の時は、いつもこんなことばかり考えている。