平井大捜査線〜事件は会議室で起きた〜


アナウンス室がいつもより広く感じる―

今日、平井さんがここからいなくなる。 


榎並 「最後の挨拶…しに行こう。」 


榎並はアナウンス室を出て、平井を探しにいくことに。


榎並 「これがほんとの『ファインディング・リオ』。なんつって…」


残念なつぶやきをかましていると…


榎並 「あ!」 

平井 「(はっ!)」



『タタタッ!』




榎並 「ひ、平井さん?」

『タタタッ』





榎並に呼び止められるや否や、無言で階段を駆け上がっていく平井。


榎並 「…?」


いつもと様子が違う平井を訝しがりながらも、榎並は後を追う。


榎並 「どこ行っちゃったんだろう……あっ!」

平井 「(はっ!)」



『タタタッ!』




榎並 「ひ、平井さん!ちょっと待って下さい!」


またも榎並を避けるようにして、平井はトイレに駆け込んでいく。


榎並 「(平井さん…どうしちゃったんだ…?)」



ひとまず、アナウンス室で平井の戻りを待つことに。



榎並 「(あ、戻ってきた…)」




榎並 「平井さん!」




『タタタッ!』




榎並 「待って下さい!どうして避けるんですか!?」





平井は逃げるように会議室へ。


『ガチャン!』




榎並 「ふぅ…」


ドアの前で呼吸を整える榎並。


榎並 「平井さん…入りますよ。」


『ガチャッ』


平井 「…。」




榎並 「…平井さん。一体何があったんですか?」


平井は壁の方を向いたまま、動こうとしない。


榎並 「今日で最後なんですよね…?挨拶ぐらい…させて下さいよ。」

平井 「…。」



沈黙を貫く平井。

その肩が微かに震えている。

そして、おもむろに向き直ると…


榎並 「(えっ…!)」




つづく







----
【美女図鑑 THE MOVIE II】はこちらへ →