組み合う手と手・続編


〜ここまでのあらすじ〜

来週末の全日本選抜柔道体重別選手権を前に、
キャスターとして柔道の勉強に励む平井。
その平井から突如として飛び出した言葉に、榎並は…





平井 「付き合って…くれないかな?」




榎並 「(えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!?)」


平井の突然の言葉にのどちんこを震わせる榎並。


榎並 「(お、落ち着け!落ち着くんだ俺!)」

平井 「だめ…かな?」

榎並 「(だ、だめってことはないけど…どうするぅ!?俺どうするぅ!?)」


パニックでピカってしまう。


平井 「もう榎並しか考えられないの…」

榎並 「(俺しか考えられないって…こりゃ本気だぞ…
    そうなるとこの付き合いは…結婚へと行き着くかもしれない…
    ということは…いずれは一つ屋根の下で暮らすことになる。
    するとどうだ?帰宅したら『おかえり大二郎』なんて言われるのか?
    『おかえりスポルト』だけで卒倒しそうになる俺が…
    この俺が『おかえり大二郎』なんて生活に耐えられるのか…!?)」


空想世界に旅立ってしまった榎並。


平井 「もう我慢できない!」

榎並 「(…よし!俺も男だ!耐えて見せる!)」


両者の想いがぶつかる。


榎並 「平井さん!こんな僕でよければ『おかえり大二郎』を前提に…」

平井 「お願い!組み手の練習、付き合って!」




榎並 「んぅは!ん!?…組み…手?」

平井 「うん、お願い!練習に付き合ってくれる人がいなくて困ってるの!」

榎並 「あ、ははは…はは…僕でよければ…」

平井 「ほんと!?ありがと〜!!!…ところで『おかえり大二郎』って?」

榎並 「あ、いや…なんでもないッス…」


おかえり大二郎どころか、帰らぬ人になるところだった榎並。
そんなこんなで二人の組み手練習が始まった―




平井 「行くよ!」



平井 「せい!」



平井 「やぁっ!」



平井 「たぁっ!」




白熱した組み手争いは、やがてこう着状態に。


平井 「ふぅ…ふぅ…。榎並、なかなか、やるじゃない…」

榎並 「はぁ…はぁ…。へへっ、高校時代、柔道選択だったもんで…」

平井 「なるほどね…。それにしても…ねぇ…榎並…?」


急に甘い声でささやきかけてくる平井。


榎並 「はい?」

平井 「なんかさ…こんなに顔が近いと…照れるね…」




榎並 「えぇっ!?」


ふいの一言にひるむ榎並。


平井 「ふふふ…」





つづく