組み合う手と手



「えい!やっ!!ふう!!!」 


深夜のアナウンス室。
会議室から甲高い声が漏れ響いてくる。 


榎並 「な、なんだ…?」 


榎並が恐る恐る会議室のドアを開けると… 


平井 「はっ!せいっ!!」 




そこには柔道着姿の平井が。 


榎並 「ひ、平井さん!?何やってるんですか!?」

平井 「きゃあっ!榎並〜!」 




妙に嬉しそうな様子の平井。


榎並 「あの…隠し芸でもやるんですか?」

平井 「もう!この格好みたら分かるでしょ?もうすぐ大事な試合があるの!」

榎並 「あ、もしかして来週の柔道ですか?」

平井 「そう!12・13日の全日本選抜柔道体重別選手権!
    ロンドン五輪代表が決定する大切な試合なんだから!」 




榎並 「でも…だからってなんで、平井さんが柔道の練習を?」

平井 「番組キャスターとして、もっと柔道に対する理解を深めたいと思って…」

榎並 「…平井さんは本当に勉強熱心ですね。」

平井 「そんなことないんだけど、出来る限りのことを、尽くしておきたいんだ。」 


平井の額をひとすじの汗がつたう。


榎並 「(それにしても…今日の平井さん、何か変だなぁ…)」


どこか落ち着かない様子の平井。
何か決意したように、ふうっと大きく息をつき、口を開いた。


平井「ねえ、ちょっと…いい…?」 




榎並 「なんですか?」 

平井 「突然の話で、驚かせちゃったらごめんね…」

榎並 「(…?)」

平井 「榎並って…本当に素敵だよね。」

榎並 「(へ?)」

平井 「優しいし気が利くし、間抜けなようで実は頼れるし…」

榎並 「(な、なんだなんだ!?)」

平井 「榎並みたいな人、探してたんだよね。」

榎並 「(ちょ…この流れ…まさか!?)」


動揺する榎並。見つめる平井。


平井 「こんな私だけど…榎並さえ、よかったら…さ…」








平井 「付き合って…くれないかな?」 





榎並「(えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!?)」 



つづく