そうだ、○○しよう。


中村 「ちょっと長いけど、ちゃーんと聞くんだぞ?」




行き詰った榎並に、中村は「画竜点睛」について話し始めた。 


中村 「昔ね、中国に張さんっていう有名な画家がいたの。
    ある日、彼はお寺の壁に竜の絵を描いたんだけど、
    その竜には瞳が入ってなかったのね。
    それを見て不思議に思った人が理由を尋ねると、彼は
    『瞳を入れたら、竜が飛んでいってしまうから』って答えたの。
    それでも周りの人が納得しないから、張さんは竜に瞳を入れたのね。
    その瞬間、辺りは闇に包まれて雷鳴が轟き、
    竜は飛んでいってしまったの。」

榎並 「『竜の画に睛(ひとみ)を点ずる』っていう言葉なんですね。」

中村 「そう。まあ、張さんは分かった上で瞳を描かなかったんだけど、
    瞳が無い竜ってやっぱり気になるでしょう?そこから転じて、
    仕上がりが不十分だったり詰めが甘かったりすることを
    『画竜点睛を欠く』って言うようになったのよ。」

榎並 「なるほど…。つまり僕のブログは画竜点睛を欠いていると…」

中村 「そういうこと。榎並のブログは、あとちょっとなの。」

榎並 「あと、ちょっとか…。」

中村 「自分の信じた道を貫いてみなさい!あとひと押し!」 

榎並 「なんだか…勇気が出てきました!いい案が浮かびそうです!」 

中村 「そうそう、その調子!」

榎並 「ひとみさん、有り難うございます!
    僕には瞳が必要だったんですね!
    …ん?瞳…ひとみ…あっ!!」



中村 「ひとみが必要になったら、いつでも、協力するよ♪」


 

榎並 「うーWAO!!!」





こうして中村に背中を押された榎並。

榎並 「あとひと押しか…」



つづく