スタート


先日、日本武道館でAKBメンバーらによるじゃんけん大会が開催された。 




たかがじゃんけん、と侮ることなかれ。

この大会で勝ち残った16人にはAKB48第24弾シングルの選抜メンバーの座が、

そして優勝者にはセンターポジションという、大変な称号が与えられるのである。
 
総勢68人のアイドル達による熱き戦い―


その歴史的瞬間に立ち会おうと、大変な倍率をくぐり抜けた猛者たちが

チケットを握りしめ日本武道館に詰めかけていた。




群衆の流れに押されるまま私も館内へとなだれ込み、いよいよ大会が幕を開けた。



観戦しているうちに、私は呼吸することすら忘れてしまっていた。

アイドルたちの華奢な拳から繰り出される

ダイヤモンドを打ち砕く鋼鉄のグー。

時空を切り裂く鋭いチョキ。

そして、光をも飲み込まんとするパー。 


そこでは、じゃんけんという名の格闘技が繰り広げられていた。


頂点に立った篠田麻里子さんは試合後のインタビューで

「気づいたら優勝していた」と語っていた。

まさに無心で勝ち取った勝利だった。 


大会終了後、レフェリーを務めた南海キャンディーズの山里亮太さんは次のように話してくれた。
 
「総選挙とじゃんけん大会。ともに選抜メンバーを決めるイベントですが、
ファンの投票でメンバーが決まる総選挙は、たとえるなら『ゴール』。
それに対して、このじゃんけん大会は『スタート』なんですよ。
今日選ばれた16人の、第24弾シングルに向けての、新しいAKBとしてのスタート。
出発点なんです。」 


それからしばらく、この「スタート」という言葉が、頭の中をグルグル廻っていた。

現実離れした光景を目の当たりにした今日という日が、

私にとっても何かのスタートになるような気がした。


そんなことを考えながら駅へと歩いていると、

女性が駆け寄ってきた。

「あの、ファンです!!」 


初めての経験だった。白のワンピースを着た、綺麗な人だった。

ドキドキした。嬉しかった。何かのスタートを感じた。


その直後、「田中大貴さんですよね?」と言われた。 



じゃんけんも本人確認も、『後出し』はルール違反だと思った。