一件落着


※ドライマンゴーを食べながらの本記事の閲覧は、ご遠慮下さい。




なんだかんだあったけれど―



タイ土産のドライマンゴーを渡したら

綾ちゃんはニッコリ微笑んで、許してくれた。




そして同じくパクりに不快感を示していた慶ちゃんも、

すっぴんのまま喜びを表現してくれた。






ドライマンゴーが、崩れかけた同期の絆を再び結びつけてくれた。

ありがとうドライマンゴー。



ちなみに…

花に花言葉があるように、

果物には「果言葉」というのがあるそうで…



マンゴーの果言葉は

「甘いささやき」

だそう。



ドライマンゴー。

そう、それは…



乾燥肌の榎並の、甘いささやき―



パクッ

『お味は…どうだい…?』

パクッ

『とろけそう…かい…?』

パクッ

『ほどよい甘さが…ヤミツキになるだろう…?』




どうぞご堪能あれ。