サイレントキラー〜逃亡の果てに〜


遂にやった。





アクセス数も、おかげさまで脅威の5万越えを果たした。






と同時に、

松尾翠氏にバレてしまい

椿原慶子にも呆れられ、

二人から

「コレ、綾ちゃんに本気で怒られると思うよ」

と忠告を受けた私は、





一路、タイへ。




バンコク郊外に身を隠すこと、5日。



さすがにほとぼりも冷めたであろうと判断し、帰国した私は

2度目の丸パクリに対して加藤がどんな反応を示しているか、

(前回の反応はコチラ

恐る恐る「あやこ風」をのぞいてみたが…





何も書かれていない。

携帯電話の方にも、着信もメールもない。



…ヤバい

何かヤバい!!!

これはァァァァァ!!!!!!

何かヤバいぞォォォォォォ!!!!!



私は加藤の元へ走った。



※この先の画像はイメージです。




榎並 「加藤さん…」

加藤 「…」




榎並 「加藤さん…」

加藤 「…」




榎並 「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!!」