25年目の貫録


今週一週間、夏休みの笠井アナの代わりに

とくダネ!」内の「フカボリ」コーナーを担当させて頂くことになった。

プレッシャーだけれど、嬉しい。

嬉しいけれど…やはりプレッシャー。

大先輩が担当しているコーナーをやらせて頂けるなんて…。


笠井さんが普段立っているプレゼン台の前に、自分も立った。

不思議な気分だった。

どこかで笠井さんが見守って下さっているような、そんな気がした。


ちなみにこちらが、台本と社内連絡用の電話機。




笠井さん専用の電話機。

こちらも持つだけで、どこかで笠井さんが見てくれている気がする。

不思議だ。なんなんだこの存在感は。

これが25年目のかもしだすオーラなのか…。


それにしても、ストラップらしきものがやたらと重い。





…ん???






アッ!!!