きみの涙のそのワケは


加藤 「…グスン。」




榎並が単独ブログを始めたことを伝えるや否や、涙を浮かべる加藤。


榎並 「(あやちゃん…そんなに心配してくれていたんだ…。)」


ブログ閉鎖を告げられ、コラボブログも失敗し、榎並は苦しい時期が続いた。

そんな苦難を乗り越えての新ブログ設立を、目の前で加藤が涙しながら喜んでくれている。

同期愛を感じ、思わず榎並も涙がこみ上げてくる。


榎並 「うぅ…。ありがとう、あやちゃ…」

加藤 「あー、コンタクトがズレた。ちょーいたい…。」




榎並 「ズコー!」

加藤 「あれ?大ちゃんなんで泣いてんの?」

榎並 「な、なんでもないやい!」


残念な泣き顔をさらす榎並。


加藤 「ねえーなんで泣いてるのー?」




榎並 「なんでも無いってば!」

加藤 「またまた〜。私が泣いちゃったと思って、もらい泣きしちゃったんでしょ?」

榎並 「バ、バカ言え!そんなわけないだろ!」

加藤 「ふふふ、ホントかな〜?」




榎並 「しつこい女は嫌われるぞ!じゃあ、けいちゃんに報告してくるから!またな!」

加藤 「あ、待ってよ!もうちょっと話そうよー!」


走り去っていく榎並。その背中を見つめる加藤。


加藤 「…大ちゃん、嘘ついてごめんね。」








加藤 「私…コンタクトなんてつけたことないよ。おめでとう、大ちゃん。」