【褐色美女図鑑】秋元優里〜妄想編〜

『待ちきれないモノトーン』 



約3年ぶりに、上野にパンダが― 

世を賑わすビッグニュース。その波に乗るべく、上野動物園からの中継を任された榎並。 

榎並はワクワクしていた。

そのワクワクは、パンダ受け入れという貴重な瞬間に立ち会えるから…だけではなかった。 

ニュースジャパン内での中継の為、あの秋元優里と初めて仕事で絡むのだ。 



―OA前、二人はこんなやりとりをしていた。 



秋元 「えなみ!今日の中継、宜しくね!」




榎並 「…。」 

秋元 「…榎並?」

榎並 「…(秋元さんと仕事か…たとえ距離が離れていても幸せだ…)。」 

舞い上がっている榎並。秋元の声が耳に届かない。 

秋元 「えーなーみーっ!聞いてるの!?」 

ムッとした秋元が、羽織っていたカーディガンを榎並の顔に被せる。

『バサッ!』




榎並 「ぶは!何するんですか!?ん?いい香り・・・。」 

秋元 「もぅ!榎並!そんな調子じゃ中継失敗しちゃうよ!」 




榎並 「え!?いや!その…」 

秋元 「まったく…。気合入れなさい!バーンッ!」 




榎並 「わっ!す、すみません!」 

恐縮し小さくなる榎並。そんな後輩の姿に、秋元が優しい眼差しを向ける。 

秋元 「まあでも…中継の出来次第じゃあ、惚れ直しちゃうかもなぁ…」 

榎並 「へ!?ちょ!からかわないで下さいよ!…というか、え?惚れ『直す』…?」 


秋元 「ふふふ。じゃあスタジオ行ってきまーす!後ほど!」 




動揺する榎並を尻目に、秋元は颯爽とアナウンス室を後にしていった。

ほのかに甘い香りを残して。

榎並 「まったくもう…。気になるなぁ…。」


 
そんなやり取りがあって、榎並は並々ならぬ気持ちで中継に臨んだ。 

結果は…散々なものだった。 



榎並 「ああ…なんで俺はダメなんだろう。」

榎並がガックリと首を落として中継先から帰社すると、番組を終えた秋元が待っていた。


秋元 「ふふ…。」 




榎並 「(あれ?秋元さん…笑ってる?意外に中継良かったのかな?)」

胸をなで下ろす榎並。

榎並 「秋元さん!お疲れさまでした!中継、面白かったですか?」 


次の瞬間、秋元がキリッと榎並を見る。 

秋元 「面白いわけないでしょう!情けなくて笑ってるの!」 




榎並 「う…す、すみません…。」

うつむく榎並。

秋元 「もぅ。せっかくの大舞台だったのに!

榎並 「…。」

秋元 「怒ってるんじゃなくて、悲しいんだよ…!」 

榎並 「…。」 



アナウンス室に秒針の音だけが響き渡る。



秋元 「…ふぅ。まあ、過ぎたことはしょうがないか…。」 

そう呟くと秋元は、例のカーディガンを脱ぎ、榎並の方に向き直った。 


秋元 「反省、した?」

榎並 「…はい。」

秋元 「うん、よろしい!」

にわかに笑みを浮かべる秋元。


秋元 「同じミスをしないためにも…中継の練習、付き合ってあげる。」 




榎並 「ほ、本当ですか!?」 

秋元 「うん、特別だぞ。さ、現場の空気感を忘れないうちに、早く早く!」



こうして、深夜のアナウンス室で二人の特訓が始まった―。



秋元 「…さて、上野動物園には榎並アナがいます。榎並さん!」 





つづく