【褐色美女図鑑】生野陽子〜妄想編続き〜

『真夜中のファッションショー・続編』





〜前回のあらすじ〜

深夜のアナウンス室。
榎並は生野のモデルごっこに付き合わされることに。
初めのうちは遊び半分だった二人だが、次第に熱が入っていき・・・





『パシャッ』




『パシャッ』





『パシャッ』





榎並 『おっ!シリアスな感じきた!完全になりきってますねー。』



榎並にからかわれ、ハッと我に返る生野。



生野 『シリアスとか恥ずかしい!今のは消して〜!』




榎並 「だめですよ!もともと生野さんが言いだしっぺなんですから。ふふ。」



そんなやりとりを終え、休憩に入った二人。

榎並の隣で、生野はとても穏やかな表情を浮かべている。



生野 「ねえ・・・榎並?」

榎並 「はい?」

生野 「・・・ありがとう、やね。」

榎並 「へ?」

生野 「・・・うちね、東京にきてからずっと構えてしまってて、仕事以外の時間もうちば演じてしまっとったの。」 

榎並 「そうだったんですか・・・。」


安心したのか、会話に方言が混ざる生野。


生野 「そぎゃん中で、榎並とのこん時間が、一番素直なうちになれたんやけん。」 

榎並 「なら、よかったです。でも・・・」

生野 「ん?」

榎並 「もうすぐオンエアですから・・・方言出ないように気をつけて下さいね?」

生野 「ふふふ。方言、か。」



悪戯な笑みを浮かべ、生野が榎並の方に向き直った。




生野 「ねえ、榎並しゃん?博多弁の彼女なんてどうやろか。」




榎並 「・・・よか・・・ばい」



おしまい



※もちろんこの話は榎並のしがない妄想である。
※深夜に博多弁を勉強した。虚しさとの戦いだった。