【褐色美女図鑑】宮瀬茉祐子〜妄想編〜

『火曜日の魔法』 




宮瀬 「榎並ー!お疲れー!!」 




CSプロ野球ニュースを終え、宮瀬茉祐子が帰ってきた。 

O.A直後だからなのか、深夜にも関わらずやけにハイテンションだ。 


宮瀬 「今日も野球すごかったね!あー、興奮したっ!」 

榎並 「はは、宮瀬さん、元気ですね。ホームランいっぱい飛び出しましたしね。」 

宮瀬 「そう!ホント迫力あるよね!よし・・・」 


興奮冷めやらぬ様子の宮瀬は、傘を手にする。 


宮瀬 「カキーン!!!」 




榎並 「うわ!ちょっと!そんなに振り回したら危ないですよ!」
 
宮瀬 「ふふ、やー!とぉ!そりゃ!」

榎並 「もう!!宮瀬さん!!!!!」


はしゃぎすぎて、榎並に一喝される宮瀬。


宮瀬 「ご、ごめん。火曜日はつい気分が高ぶっちゃって。。。」 

榎並 「へぇ、火曜日だから?なぜ火曜日だとそうなるんですか?」 

宮瀬 「え!?そ、それは・・・。」



なぜか急に頬を赤らめ、視線を逸らす宮瀬。 


宮瀬 「ま、まあ、何となく!・・・ところで、榎並は何してたの?」 

榎並 「あ、例のごとく、滑舌練習をしていました。」 

宮瀬 「そっか、熱心で宜しい!よし、じゃあ、聞いてあげる。やってごらん。」 

榎並 「本当ですか!?」


先輩にチェックしてもらえることになり、気合の入る榎並。


榎並 「では、いきます!あえいうえおあお、かけきくけこかこ、させしす…」 

宮瀬 「ストーーーップ!」 

榎並 「は、はい?・・・なにか、ダメでした?」 

宮瀬 「榎並、『う』の段が出てないよ。『う』は、もっと口をこうすぼめて・・・」 


宮瀬 「うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」 




つづく