【褐色美女図鑑】石本沙織〜妄想編続き〜

『さえずることを忘れた小鳥・続編』

(前回5月15日付記事のつづきです)




榎並 「カンタービレ!」

石本 「・・・カンタービレ?」




マイクを手渡され、不思議がる石本。


榎並 「そうです、『カンタービレ = 歌うように』 です!
     石本さん、歌を歌う時にどんなことを考えてますか?」
 
石本 「どんなって言われても・・・難しいなあ。
    詞がすーっと頭の中に入ってきて、自然と作品の世界に感情移入してる感じ、かな? 」

榎並 「っ!それです、それですよ!」 


興奮し、思わず前のめりになる榎並。 


榎並 「石本さんの歌う姿、とっても素敵です。
     そのスタンスで、ニュースにアプローチしてみたらどうでしょうか?」
 
石本 「歌うように・・・?んー、何だか分からないけど、
     考えてるだけじゃ何も始まらないものね。騙されたと思ってやってみるかな!」


そうして石本は原稿を選び、歌うように読み始めた。


石本 「♪下町に初夏の訪れを告げる浅草神社の三社祭が16日、始まりました・・・」





—なめらかで流れるような旋律。聞く者に情景を思い起こさせる、完璧な内容だった。

まるでオーケストラを聞いたかのような充足感に浸る榎並。 

石本も手ごたえを感じた様子で、いい表情をしている。 


榎並 「石本さん・・・やりましたね!!!」

石本 「うん、なんだか掴めた気がする!ありがとう、本当にありがとう!」


気が付けば二人は手を取り合って喜び、歓喜と興奮の空気が会議室に充満していた。




—その熱気がようやく収まってきた頃、、何かを思い立った様子で石本が切り出した。


石本 「・・・あのさ、硬いニュースを読む練習もしなきゃ、だよね。付き合ってもらえる?」 

榎並 「もちろん!僕で良ければ喜んで!」 

石本 「ありがとう。・・・ふふ。」
 


意味深長な笑みを浮かべ、石本が読み始めた。 


石本 「たった今入ってきたニュースです。
     東京お台場のフジテレビ内で、窃盗事件が発生しました・・・」

榎並 「(うん、良い感じだ・・・)」

石本 「被害にあったのは、石本沙織アナウンサーです。

    石本アナによりますと、 
    

    『犯人は短髪で長身、褐色肌の男で、まるで弾丸のように私の元に現れ、

    そして彼は、大切なものを盗んでいきました。 

    それは、私の心です…。』 


    ・・・とのことです。」


榎並 「・・・!」


突然の展開に、榎並は言葉を失う。
 
そんな榎並に追い討ちをかけるように、石本はささやきかけた。





石本 「さあ・・・どう責任とってくれるのかな、犯人さん?」 





榎並 「(・・・やれやれ。こりゃあ、ややこしい事件になりそうだ。)」



おしまい


※もちろんこの話は榎並のしがない妄想である。
※ 「のだめカンタービレ 最終楽章」 大ヒット上映中。