【褐色美女図鑑】石本沙織〜妄想編〜

『さえずることを忘れた小鳥』 






榎並 「・・・石本さん?」 





土曜日の昼下がり。

「スピーク」ニュースキャスターを務める石本が、物憂げな表情で外を眺めている。 


榎並 「・・・石本さん?」 

石本 「・・・。」

榎並 「石本さんっ!!!」

石本 「っ!びっくりした!榎並、いつからいたの!?」 

榎並 「ずっといましたよ。呼んでるのに、全っ然気づかないんですもん。」 


あの元気印の石本が、すっかり沈んでしまっている。


榎並 「石本さん・・・。何か悩みでもあるんですか?」 

石本 「うん・・・」 





石本はそっとソファーに腰掛け、語りだした。


石本 「本来、ニュースに対する感想・感情は視聴者に感じてもらうもので、
     伝える側は淡々と伝えるべきでしょう?
     頭では分かっているつもりなんだけど・・・気持ちがこもっちゃうんだよね・・・」


彼女の悩み、それは「ニュースの伝え方」だった。


石本 「ふぅ、難しいなぁ・・・。」



―と、ここまで石本の話を静かに聞いていた榎並が、突然立ち上がった。


榎並 「石本さん!こっち来てください!」

石本 「ちょっと何!?いきなり・・・」


榎並は石本を引っ張り会議室へ。


石本 「これは・・・」




榎並 「・・・カンタービレ!」



つづく