【褐色美女図鑑】本田朋子〜妄想編続き〜

『妄想列車は止まらない・続編』




冷め切った夫とそれを修復しようとする一途な妻を、一人二役で見事に演じきった本田。

しかしその表情は冴えない。


本田 「もう、ダメかも・・・。」




そうつぶやき、本田はすっかりふさぎこんでしまった。
 
自らの妄想劇の出来に納得がいかないようだ。

自信満々で臨んだだけに、ショックもまた相当なものなのだろう。


榎並 「(今の妄想、シチュエーションは決して悪くなかった。しかし何かが足りない・・・)」


本田の妄想を分析する榎並。キザな美食家のような物言いが残念すぎる。


本田 「私、妄想向いてないのかな。。ごめん、ちょっと一人にさせてもらえる・・・?」 

榎並 「本田さん・・・。」 


目にうっすら光るものを浮かべる本田に、榎並はかける言葉が見つからなかった。 





―それからどれだけの時間が経っただろう。

本田がそーっと榎並のデスクにやってきた。


本田 「さっきは、ごめんね。」 




穏やかな顔をしている。どうやら悩みの迷路を抜け出せたようだ。
 

本田 「さっきの妄想の何がしっくり来なかったのか、分かったんだ。」 

榎並 「良かった。。急に元気無くすから心配しましたよ。何があったんですか?」 

本田 「あのね、電子レンジの使い方を間違えちゃったの。」 

榎並 「へ?レンジの使い方?」
 

(本田のいう電子レンジとは、この↓ジェスチャーのことである)





本田 「・・・うん。電子レンジはさ、『空焚き』厳禁じゃない?」 

榎並 「なんですか?”カラダキ”って?」

本田 「空焚きっていうのは、レンジの中に何も入れずにチンしちゃうことよ。」

榎並 「それが故障の元になるんですね・・・って、それ妄想劇と関係あるんですか?」

本田 「ほら、妄想だったとはいえ、私、自分自身を空焚きしちゃったじゃない?
     そしたら何か悲しいっていうか、寂しくなっちゃって・・・。」

榎並 「・・・。」     

本田 「まぁ・・・”朋子レンジ、『空抱き』で故障”、ってとこかな?ふふっ。」  


気がつけば本田はイタズラっ子のような表情を浮かべ、榎並の様子を伺っている。


榎並 「・・・なるほど。”朋子レンジ、『中身(=相手)』募集中”、ってことですね。」


榎並は全てを察した。そしてなぜかチョイ悪風にたずねた。


榎並 「でもな、本田さんよ。おたくの目の前の男は、熱しにくく冷めやすいですぜ?」

本田 「あら、どうかしら?」


そう言って本田は例の体勢に入った―。





本田 「朋子レンジは何でもアッツアツにしちゃうんだからっ。」




二人の視線がぶつかり合い、『チンッ♪』と音を立てたー。 



おしまい 


※もちろんこの話はしがない榎並の妄想である。
※『妄想』を妄想しようと思ったら暴走してしまった。