【褐色美女図鑑】阿部知代〜妄想編〜

『気まぐれなチューリップ』



今日はFNSアナウンス大賞の授賞式。

系列局から沢山のアナウンサーが集結し、とても華やかな雰囲気だ。

そんな状況において、周囲の視線を独り占めにする一人の女性がいた。


阿部知代だ。





セクシーで知的。時に茶目っ気も見せる、粋な女性。

”ちよ姐さん”と呼ばれるのもうなづける。


榎並 「(阿部さん・・・今日も素敵だ・・・)」


阿部の魅力に引き寄せられるように、榎並が近寄ってきた。


榎並 「あの、写真撮ってもいいですか・・・?」

阿部 「あら、喜んで。こんな感じでいいかしら?」





榎並 「(ゴクリ。きれいだ・・・)」


見とれる榎並。

シャッターを押すのも忘れ、ジッと阿部を見ている。


阿部 「もう、何ボーっとしてるの?右腕が攣っちゃいそうよ。」

榎並 「あ、す、すみません!あの・・・その・・・ほんと華があるなぁって・・・。」 


照れる榎並。


阿部 「なーにモジモジしてるの。三年目でしょ、しっかりしなさい!」

榎並 「すみません・・・。」

阿部 「まあ、そういうところが男の子っぽくて可愛いんだけどね。・・・あ、そうそう!」


何かを思い立った阿部。


阿部 「華といえば・・・榎並、チューリップ好き?」

榎並 「チューリップですか?可愛らしくて好きです!」

阿部 「ふふ、良かった。珍しい品種でね、気分が乗らないと咲かないのよ。」


話しながら阿部は、悪戯な笑みを浮かべている。


榎並 「そんなチューリップあるんですね、すごい!」

阿部 「ふふ、でしょ。はい、受け取って。」





榎並 「ありがとうございます!・・・ん?この花、全然チューリップとちが・・・」

と言いかけて榎並は、阿部の口元に気づいた。 






榎並 「(ちゅー・・・LIP 」
     「あ・・・・」



春の嵐が吹き荒れようとしていた―。


おしまい



※もちろんこの話は榎並のしがない妄想である。
 最近思うこと。このブログはどこに向かっているんだろう。