【褐色美女図鑑】大島由香里〜妄想編続き〜

『おキツいのがお好き?・続編』




大島はまじまじと榎並の顔を見て、ひとつ深く息をつき、言い放った。


大島 「スキがありすぎだぞ、榎並!」




榎並 「シェー!」


心のスキマを埋めるあのセールスマンに「ドーン」とやられたようなリアクションをみせる榎並。


大島 「今、お土産のことしか頭に無かったでしょう?」

榎並 「・・・はい。」

大島 「そんなんだからいつもボーっとして見えるし、ブログも気持ち悪いのよ。」

榎並 「・・・すみません。」


大島にピシャリと言われ、落ち込む榎並。

何故かブログのことも責められ、悔しさと反省から仕事に没頭する。


それからだいぶ経ち、気が付けばもう日付がかわろうとしていた。

とそこに、スーツから私服に着替えた大島が入ってきた。


榎並 「あ、大島さん、まだいたんですか?」

大島 「・・・。」


無言で榎並に近づいてくる大島。


榎並 「(・・・やられる)」


榎並が本日2度目の危機を感じたその時だった―。



大島 「はい、これ。」




バンクーバー名物のメープルシロップを差し出した大島。


榎並 「えっ・・・いいんですか!?」

大島 「うん。」

榎並 「でも、じゃあ、なんでさっき・・・」

大島 「・・・さっきは、みんなの前で、恥ずかしくて。」

榎並 「なんですかその理由・・・。もぅ、怖くて泣きそうになりましたよ〜。」


泣き言を言う榎並に背を向け、何かを考えている様子の大島。


榎並 「大島さん・・・?」

大島 「・・・ちょっと、やり過ぎちゃった?」

榎並 「何をですか?」

大島 「でも、キツく当たるのも結構辛かったんだよ・・・。」

榎並 「へ?」





大島 「ずっと前に榎並、"ツンデレな人が好き"って言ってたでしょ?」




榎並 「ユー・・・アー・・・マイ・・・ツンデレラ・・・。」


アナウンス室に、午前0時を知らせるベルが響いた―。



おしまい


※もちろんこの話は榎並のしがない妄想である。
ブログを気持ち悪いと言われたのは事実である。