【褐色美女図鑑】大島由香里〜妄想編〜

『おキツいのがお好き?』




バンクーバー五輪が閉幕し、取材メンバーがアナウンス室に帰ってきた。 

室員同士久しぶりの再会に、アナウンス室は大盛り上がり。

取材の舞台裏の話で盛り上がったり、お土産を渡したりている。

脳の半分が物欲で占められている榎並も、自分がお土産をもらえるかキョロキョロしている。

と、そこに・・・


大島 「えなみ〜!」 


大島の声が響く。


榎並 「(来た!お土産だ!)」 


待ってました、とばかりに大島の方を見る榎並。だが… 


大島 「ちょっと、こっちおいで。」 





・・・どう見てもお土産をくれる人の目ではない。

土産は土産でも、冥土の土産をくれちゃいそうな雰囲気を醸し出す大島。

 
榎並 「(…やられる)」

 
榎並は本能的に身の危険を感じた。しかし、その眼力にひっぱられるように、大島のもとへ。 


榎並 「ど、どうしましたか…。」 


無言の大島。 

凍りつく榎並。

大島はまじまじと榎並の顔を見て、ひとつ深く息をつき、言い放った。


大島 「すき・・・」