【褐色美女図鑑】椿原慶子〜妄想編続き〜

『五円玉ラプソディー・後編』



椿原 「あかん!!!」




一瞬のうちに、榎並の右手にあったはずの五円玉は、椿原の手に。


椿原 「五円玉は、あかんやん。。」

榎並 「えー?お釣りがいっぱいになっちゃうよ?」

椿原 「・・・。」


両手で握り締めた五円玉をじっと見つめる椿原。


榎並 「けーちゃん?」

椿原 「・・・五円玉はあかん。」


椿原の目は涙でいっぱいになり、今にも流れ落ちそうだ。


榎並 「け、けーちゃん!?」

椿原 「五円使っちゃったら・・・五円使っちゃったら・・・」




椿原 「五円使っちゃったら、大ちゃんとのご縁(ごえん)も無くなってまう気ぃするやん!」





結局、千円札で支払い、椿原の財布は小銭でいっぱいになった。

一方の榎並も、胸がいっぱいになった―。


おしまい


※もちろんこの話は榎並のしがない妄想である。
 撮影後、椿原はすぐに五円を握った手を洗いに行った。
 それを知った榎並はなんとなく虚しい気持ちになった。