【褐色美女図鑑】椿原慶子〜妄想編〜

『五円玉ラプソディー』



仕事で失敗し会議室で一人悶える榎並のもとに、椿原がやってくる。


椿原 「大ちゃん、なんで湿気た顔しとるん?」

榎並 「いや、『バンクーバー』って言うところを、『ボンバーマン』って言っちゃってさ・・・。」

椿原 「ふふ、まさに爆弾発言やん。」


オンエアを終えてすっかりリラックスしたのか、関西弁に戻る椿原。


椿原 「それより大ちゃん、お腹空かん?コロッケでも食べいかへん?」 

榎並 「お、いいねぇ。確か2つで105円だったよね?お財布、お財布っと・・・」 

椿原 「あ、そのぐらいおごらせてや〜。」


そういって財布を取り出した椿原。


椿原 「百円と・・・お札しかないやん。千円崩さんとあかんなぁ。」


しかし、財布を開ける時にチャリンッ、と小銭の音がした。

気になった榎並が財布をのぞきこむと・・・


榎並 「ん?105円ちょうどあるじゃん。ほら」


 

榎並が椿原の財布から百円玉と、やけに汚れた五円玉を取り出した。


榎並 「じゃあお言葉に甘えて、これで買いに行こ…」
 

榎並が言いかけたその瞬間だった。


椿原 「あかん!!!」





つづく