【褐色美女図鑑】加藤綾子〜妄想編〜

『失われた20年』


のんびりと時間が流れる昼下がりのアナウンス室。

榎並がソファーに腰かけ、ポロポロと欠片を落としながらクッキーを食べている。

と、そこに、加藤綾子がやってくる。


加藤 「もぉー、もっときれいに食べなよね。はい、紅茶。」





榎並 「うわっびっくりしたぁ!な、なに企んでんの!?」


思わずのけぞる榎並。


加藤 「うーわっ、感じ悪い。要らないなら私が飲むからいいよーだっ。」

榎並 「ゴ、ゴメンゴメン!しかし珍しいこともあるもんだ・・・ありがとう。」

加藤 「まったく。。これでも私、昔は『おりこうあーちゃん』って言われてたんだから。」

榎並 「おりこうあーちゃんねぇ。自分で言ってただけじゃないの〜。」


そんなやりとりがあり、紅茶を口に含んだ瞬間―

榎並は、体中の血液が逆流するような感覚に襲われる。


榎並 「(おりこう・・・あーちゃん・・・?)」


何故かそのフレーズに異様なまでの懐かしさを感じる榎並。


榎並 「なあ、加藤。」

加藤 「ん?どうしたの神妙な顔しちゃって。」

榎並 「富士公園って知ってる?」

加藤 「んー、聞いた事あるような・・・どんなとこ?」

榎並 「えっと、確か手前にシーソーがあって、ブランコが左奥で、右奥の砂場の形が・・・」

加藤 「三角形。」


間髪いれず答える加藤。笑顔が消え、何かに気づいたような表情を浮かべている。

榎並は確信した。


榎並 「(・・・間違いない。俺の目の前にいるのは、あーちゃんだ・・・。)」


時は20年前にさかのぼる。

幼少時代、榎並には結婚の約束をした“幼なじみ”がいた。いわゆる許嫁(いいなずけ)だ。

自分のことを褒めたがる癖のある少女で、榎並は彼女を「あーちゃん」と呼んでいた。

一方、少女は榎並のことを「だいだい」と呼んでいた。

当時、許嫁の意味を理解できていなかった二人だが、特別な関係であることは察していた。

そして、「ずっと一緒にいよう」という願いを込めて、「誓いのサイン」なるものを考え付いた。

人差し指をたてて口元に持っていき、互いの名前を呼び合い、ウィンクをするというもの。

二人は毎日のように富士公園で遊び、帰り際に誓いのサインを交わしていた。


しかし、幸せな時間は突如として凍りついてしまう。

両家の間で「バナナは遠足のおやつに含まれるか」について意見が対立し、

価値観の違いから許婚の話は破談となってしまう。

そうして加藤家は引越していき、20年。

榎並は幼馴染のことなどすっかり忘れていたまま、今この場に至るのだ。



榎並 「・・・あーちゃん。」


胸の鼓動がどんどん速くなるのを感じる榎並。


榎並 「誓いのサイン、やってくれ!」


ついに、失われた20年を取り戻す時が来た。


加藤 「・・・だい・・・」





つづく