美女と野獣と堤と。

まさに「感無量」。


何がかといいますと、



先日、映画「美女と野獣」で日本語吹き替え版を務めている山崎育三郎さんと昆夏美さんのお二方にインタビューさせていただく機会が!!!
私にとっては憧れであり、夢の世界の方々。


色々なところで言わせて頂いていますが、堤は大のミュージカル好き。
劇場に住めたらどれほど幸せだろうかと日々考えています。

そして、ディズニープリンセスが大好きで、子供の頃は毎日のようにディズニー作品のビデオを観ていましたし、色々なプリンセスグッズを買ってもらった記憶があります。
勿論当時の夢は「お姫様になること」。
幼稚園のお遊戯会では、美女と野獣のベル役を務めたなんてこともありました。



さて、一旦前置きは置いておいて



私が完全コピー出来るくらい大好きなミュージカル作品の中に「ロミオ&ジュリエット」という作品があるのですが

(
あの有名なシェイクスピアのロミオとジュリエットが原作です!
)

2011年にロミオ役とジュリエット役を演じられた山崎さんと昆さん。



お二方のロミジュリのCDを何度聴いたことか!!!
「ここのこの音の上げ方が好き」「ここの子音の発音が好き」などかなりマニアックな点まで話せるくらいに聴きこんでいます。
お二人の透き通るような、でも芯が通っていて奥行きのある素敵な歌声。
声が重なり合うことで、より深みが増していくんです…。

ーーー止まらなくなりそうなのでこの辺で強制終了ーーー


勿論お芝居も幅広く役を演じられていて、その1つ1つがとってもとっても素敵なのですが、兎に角、声が言葉では表せない程に魅力的で、CDを聴くだけで作品が脳内で再生されます。


そんなお二人が、大好きなディズニー作品で吹き替えを務められるという事で、発表された瞬間からずっとワクワクしっぱなしの堤です。
ベルのイメージにぴったりの昆さんに、王子のイメージぴったりの山崎さん。
そして、脇を固める吹き替え版キャストの皆さんもとっても豪華…!
ワクワクが止まりません。


そして、なんと大変僭越ながら、美女と野獣のベルのドレスを纏った昆さんと、王子姿の山崎さんとお写真を撮って頂きました





(この衣装がこれ程までに似合う方がいるのか!!!というくらい、お二人ともお似合いで眩しかったです…。)





更にはご好意で真ん中に入れていただき…。
堤、感動でカメラレンズの逆サイドに目線を向けるという凡ミス。

でも良いんです!


ロミオ&ジュリエット的に言うならば、ロミオとジュリエットの間に入れて頂ける日が来るなんて…
レ・ミゼラブル的に言うならば、マリウスとエポニーヌの間に入れて頂ける日が来るなんて…。
劇場でいうと0番の位置!なんて事を思っていました。(大変恐縮です…。)




4月21日の公開日までまだ少し時間がありますが、待ちきれないくらい本当に楽しみです。
早く公開日にならないかな…と思う日々。
「美女と野獣」字幕版と吹き替え版とどちらも見ようと決めています。

みなさんも是非!!!



私も心を躍らせながら公開日を待ちます。









あ、、、

公開される頃には私、新人アナウンサーではなくなっているんですね…
うひゃー衝撃…!