ハチミツ生活


みなさん!!突然ですが、これは何だと思いますか?!

お察しの通り、「ハチミツ」です。

小さいころからハチミツが大好きで、
今もまた嵌まっています。

幼少期こそ、甘くておいしいという理由で舐めていましたが、
社会人になると、その効能にも目がいきます。

蜂蜜の歴史は人類の歴史」なんて言葉がある通り、
古来からハチミツと人間は切っても切り離させない関係だそうで。

頭が働かない朝に、ハチミツを人舐めすると1日調子が良かったり。
今日は喉使いすぎたな〜と思ったら、ハチミツを人舐めすると、次の日声がよく出たりします。



こちらは、クローバーのハチミツと、色々な花によるハチミツ。

アナウンス室内の食べ物飲み物には、
名前を書いておかなければ誰かに使われてしまいます。
容器が持ち運び便利な形なので、番組のスタジオなどにも持っていきます。
そのまま飲むとおいしいです。



こちらは、「サザンラタ」という花のハチミツ。

ニュージーランドの先住民、マオリの方々が喉が痛いときに食べていたという、
いわば「マオリの喉ぐすり」。
クセがなく、万人受けしそうなお味。
そのまま飲むとおいしいです。


こちらは「ローヤルゼリー」のハチミツ。

とにかく元気がないときや、美容に一役買ってくれそうです。


かなり粘度が高く、最初の味は少し酸味が強い。
ただ、次の瞬間から甘味が徐々に追いついてくる。
甘い!と思ったら酸味と甘みのバランスが完璧に
そのまま飲むとおいしいです。




最後はこちら!
ハチミツの中でも抜群の効能を誇る、「マヌカハニー」。

今や言わずと知れた、これこそ「ハチミツ界の万能薬」。


舌に乗せると、液体と固体の間のようなざらっとした舌触り。
クセはあるものの、思っていたよりおいしい
甘さだけでなく、いかにも体によさそうな風味が鼻に抜けます。
そのまま飲むとおいしいです。



花によっても、味やにおいが全く違うハチミツ。
奥が深いですね!!
最近の大村の「エネルギー源」兼「喉ぐすり」でした!!