靴のかかと

かかとがすり減るのは仕方がないとして
外側だけがいつも減ります。

これは歩き方がガニ股傾向にあるためだそうです。

ちなみに、内股だとかかとの内側がすり減るとか。

さらに、減りか方が左右どちらかに偏っている場合は、体の重心がそちらに偏っているそうです。

当然といえば当然ですが。

ただ、気になったのでいつもより内股気味に歩いたら、意識して歩くことのなんと窮屈なことか。

そこで、

人間は、誕生後いつから歩行が無意識に近い行為になったのか、4才の娘に聞いたところ、

質問を理解してくれませんでした…。