浅田真央選手

入社1年目にテレビでバンクーバー五輪の涙の銀メダルを見たときから「4年後のソチでは絶対に金メダルを見届ける」という目標を持ってずっと仕事をしてきました。

バンクーバー後の4年間は苦しいことも多かったと思いますが、常に前へと向かって行く姿に何度も心打たれました。

ソチ五輪では最高の涙と笑顔が見られました。エキシビションのリハーサル中、心から笑っている浅田選手の姿が今でも忘れられません。その年の世界選手権を最後に私は中継を離れることになってしまいましたが、一ファンとしてずっと応援していました。そしてこれからも大好きなアスリートです。

小さい頃から注目され、日の丸を背負って第一線で活躍してきた浅田選手、大きな決断は勇気がいるものだったと思います。たくさんのありがとうとお疲れ様を伝えたいです。

浅田選手のこれからの人生も満開の花が咲きますように。