こんぴら歌舞伎




行って来ました、こんぴら歌舞伎!
はるばる香川県琴平町の金丸座まで。

6年ぶりに訪れた彼の地は大賑わい。
現存する日本最古の芝居小屋です。

ほぼ桜は終わっておりましたが、
お天気には恵まれました。
さすが日頃の心がけ!と一行
男女6名大ヨロコビでした。
女子は3人。あべちよちゃん
岡山放送の同期・ミエコさんと私。
今回の旅は、ツアコン・ミエコの面目躍如!
細やかな心遣いと完璧な行程表で
素晴らしい旅となりました。



中村勘三郎丈率いる一座の
演目は「俊寛」「「新口村」
「身替り座禅」「沼津」「闇梅百物語」
・・・と実に多彩。
一押しは「俊寛」ですねえ。
金丸座ならではの演出もあり、号泣!

金丸座のなかは、こんな感じ。
江戸時代の庶民の体格に合わせて
作られたサイズなので、狭いこと狭いこと!
でも、舞台と観客に一体感が生まれました。
歌舞伎座では掛からないような
掛け声がかかったりして、とても和やかな
ムードが広がりました。