名言集





朗読レジェンド」稽古は、
本日も湾岸スタジオのリハ室です。


本番まで、残すところあと2週間。


移動の不便さにも、
少し慣れてきたかな?






さて、今回の舞台の構成・演出の
壤晴彦さんの名言をご紹介。

役作りの基本は、「記憶作り」
なんだそうです。


たとえば、この2ショット。
松尾翠ちゃん生野陽子ちゃん
「小君」(おぎみ)という
文使いの少年役なんです。

どこにすんでいて、どんな生活を送り、
家族に対して、こんな感情を持ち・・・・と
立体的に役をとらえること。
文章をただ字面にしたがって平面的に
読んでいるだけでは、伝わらない。
名前を呼ぶときは相手の顔を思い浮かべて。
「動詞」を中心にして、役をとらえていく。

珠玉のひとことが、次々と・・・・。

これは、われわれアナウンサーが
ただ読むのではなく、
立体的に伝えたいときにも有効な
手段だと思った次第です。


さて、引き続き・・・・・

☆チケット好評発売中☆ ぜひお運びくださいまし!