優しい味



二週間前に、「朗読レジェンド」の
公演がありました。

楽屋を訪ねてくださった方から、
たくさんの差し入れをいただきました。
本当にありがとうございました。

さて、そのなかで、アンちゃんの
差し入れは、「のど飴」でした。

昔懐かしの味と形。
「うめぼ志あめ」(左)と
「くろあめ」(右)。
まろやかな甘さは、
とても、のどに優しいです。
ゆっくりといただいております。



昔から、不思議だったことが、ひとつ。
「うめぼ志あめ」は、「うめぼし」と銘打っているのに、なぜ酸っぱくないのかしら。
どなたか、その訳をご存知でしたら、教えてくださいませ。