HYPNAGOGIA



じゃあーん!
この面妖なオブジェは何でしょう?!

(脇から撮ったので分かりにくいですね。)

浅草は、吾妻橋のたもと。

ここで、音楽朗読劇「HYPNAGOGIA」を観て来ました。
誘ってくれた同期の川端健ちゃん、本当にありがとう!!
夢と現実が交錯し、ゾクッとしたり純情にほだされていたりしているうちに
いつのまにか涙があふれて止まらずにいる自分に気づきました。

朗読する達者な方々に加え、ヒューマンビートボックスとピアノのコラボが素晴らしく、
朗読舞台の可能性を大きく感じるステージでした。