休日



日曜日。歌舞伎座・カウントダウンボード前にて。



174日前ですか・・・。
歌舞伎座との別れまで、
ああ、あと半年切ってしまいました。

この日の演目は、仮名手本忠臣蔵
いつか朗読舞台でもトライしてみたい作品です。

昼の部は、大序から四段目まで。
つくづく、ちょっとしたきっかけで
人生とは大きく変わるのだなあ・・・と。

たとえば、お軽が、恋人の勘平に早く会いたいがために、
一足先に文を届けなければ・・・・・・。
顔世御前が、あんな美女でなければ・・・・・・・。
加古川本蔵が、塩冶判官を抱き止めなかったら・・・・・。

歴史に「イフ」は無いけれど、もしもこうだったらどうだったかなあ・・・・・?
という思いは、次々に湧いてきます。


帰りに、デパ地下で、デモンストレーションをしていた日本酒購入。
すると、親切な店員さんが、サービスしてくれた品は、これ。

        

酒粕。純米大吟醸酒の酒粕なんですって!                
甘酒で飲むか、魚の粕漬くらいしか浮かばない私にアドバイスしてくれた店員さん。
              
なんと板状の酒粕に、ねぎ味噌、もしくは、ねりうにをぬって、
オーブントースターで焼くだけ。
手軽に一品出来上がり!


濃くて飽きるかとおもいきや、さわやかな香ばしさが広がります。
買った日本酒にぴったりんこ、でした。