朗読講座


今日は、月に二度くらいの割合で
教えていただいている朗読講座の日でした。
向坂アナが世話人となって、社内で開催されました。




先生は、今年の「朗読レジェンド」でお世話になった、
演劇倶楽部「座」主宰の壤 晴彦さんです。
壤さんの表現には、宝物がイッパイ詰まっています。


「朗読とは、相手の気持ちに届いて、さらにその心を温めること」
「朗読とは、どうしゃべるかを考えるのではなく、
どういう気持ちなのかを考えるべき。」

ふむふむ。
読んでは注意をしていただき、
またまた読んでは真髄を伺う。
そして新たな気持ちで朗読する。

贅沢な時間を過ごしました。