巨星堕つ


つかこうへいさんが、亡くなりました・・・・。
闘病中でいらしたことは、存じておりましたが
62歳で亡くなられるなんて、余りにも早過ぎます。

スーパーニュース・文化芸能部」で
つかさんの舞台に主演する
石原良純さんの密着取材に出かけ、
北区の稽古場にお邪魔したのは、
もう7年も前のことになります。
良純さんに、口立てで、文字通り口角泡を飛ばして
演技をつける様子に釘付けになりました。

私自身、大学の卒論のテーマが、つかこうへいさんだったのです。
「前向きのマゾヒズムへの情熱」と題して、
その頃舞台でしばしば見ていた、つかさんの舞台
「熱海殺人事件」や「蒲田行進曲」などについて、書きました。

テレビの世界に入り、何度か取材させていただきましたが、
そのたびに、緊張感とともに感じる、甘酸っぱい懐かしさ。

遺作となった「飛龍伝」をこの二月に見ましたが、
黒木メイサさんの切れの良い演技が、実に印象的でした。
もう、つかさん演出の舞台が見られなくなってしまうなんて、
本当に残念です。

合掌。